情報収集はこまめにする

妊娠の研究は日進月歩です。こうしている間にも、研究がなされ新たに発見された事があるかも知れないのです。

情報収集をこまめにしていると「え?そうだたったんだ!」と思う、新しい情報もいち早く手に入れることが出来るのです。

例えば排卵に左右差があるのはご存じですか?これは去年ぐらいから言われていることで、「右側からの排卵時に、着床率が有意に上がる」というものです。詳細は、また後日にお話しさせて頂きますか、左右差があるのは確かなようですよ。

こう言った情報は、ネットなどこまめにチェックしていれば、自然と入手出来ます。そして、その情報は確かなのか、時間が出来たら書店で専門書を読んで確かめるのです(笑)まあ、本よりもネットの方が情報が早いので、専門書はまた出版されていないことが多いのですが…

しかし、前にも書かせて頂いた通り、情報収集は本の方が確実性はあります。

ただ、情報をいち早く知っていれば、それだけ妊娠に有利に働く場合があるのでこまめにチェックした方がいいかも知れませんね。

これは何も、妊娠に限ったことではないのです。良い情報は早ければ早いほどいいのです。そして、情報を集めていく内に、何が自分にとって必要な情報なのかを見極められるようになります。

「妊娠の仕組みを知る事の大切さ」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓