正しい情報を見抜く力を

「情報収集はこまめにすることが大切」と書かせて頂きました。こまめにするという事は、やはりネットでの情報収集が早くて便利です。いつでも手軽に出来ますしね。

ただ、ネットでは、「これって本当に正しい情報なの?」ということが多々あります。レイアウト次第で、いくらでもオーバーに表現することも可能なので、正しい情報だと信じ込みやすくもなります。

しかし、これは要注意です。そこまで画期的な情報なら、テレビなどでいち早く報道されています。また、妊娠に関する事で新たな発見があれば、医療系や科学系の雑誌などでもすぐに紹介されています(この雑誌の情報も、正しいのかどうか分からないこともありますが…)。

ネットって、書いた人の責任の義務がそこまで明確化されていないために、出鱈目な情報も多いものなのです。

ですので、「あ、この情報は確かなのかな?」と思ったら、テレビや新聞、雑誌などでチェックされてみた方がいいと思います。いかにも画期的に見える情報でも、なんか怪しいと思い、雑誌で確認すると案の定、「まだ研究段階」ということもいくつかあるんですよ。生殖能力の分野は、まだ未知数な部分が多いだけに、そういった情報をたまに見かけます。

ネットで情報検索していく内に、正しい情報かそうでないかは、ある程度は見分けられる様になってきます。見抜く力を養うことが大切です。

「妊娠の仕組みを知る事の大切さ」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓