着床よりも越えられない壁

今まで、着床については「妊娠のブラックボックス」と言われてきました。今現在もそんな感じですが…

受精卵の様子が超音波で確認できるわけでもないし、今まさに着床中の女性のお腹を観察できるわけでもないし…排卵の様子はやろうと思えば、超音波で確認できると思います。実際に、今まさに排卵中の様子を捉えた超音波の写真も見たことがありますしね。素人の私でも見たことがあるぐらいですから、医師は絶対見たことはあると思います。

受精の様子も分かります。これは体外受精が登場したからです。培養液の中の、精子と卵子の様子をずっと観察していれば、受精の様子は分かります。培養士の方や医師ならご覧になられていない方はいらっしゃらないと思います。

しかし、着床の様子だけは分からないのです。こればっかりは、女性の体内のみで行われることですので、今言われている着床の様子は、全て想像でしかないと思います。勿論、想像でないものもあると思いますが…

着床の謎が全て解明された時、人間の妊娠率は100%に限りなく近づくことができます。ただ、どうしても越えられない壁があります。それが「女性の年齢」です。

医学の進歩により、いくら寿命が延びても、不老不死は不可能なのと同じです。身体の老化は止められないと思います。ですので、子どもを望むのなら、出来るだけ若い方がいいのです。

「着床について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月25日 着床よりも越えられない壁 はコメントを受け付けていません。 着床について