着床率を上げる為には?3 「食事」と「栄養」で血液をきれいに

着床率を上げる方法の一つに、「栄養」があります。

着床は、受精卵が子宮内膜に潜り込む事で成立しますよね。この子宮内膜がフカフカでないと、受精卵は着床出来なくなってしまいます。

子宮内膜はいってみれば、ほとんどが「血液」で出来ています。月経は血液が出てきますよね。ですので、まずは血液を綺麗にすること、いい血液を作る事が大切だと思います。

手っ取り早く、またその摂り方によっていい方にも悪い方にもいきがちなのが「食事」です。食生活の質が悪いと、子宮内膜にも悪い影響が出てしまいます。

子宮内膜に良い食事=血液にいい食事は、やはりタンパク質ですよね。これは「妊娠と食事について」のカテゴリーでも書かせて頂きましたが、タンパク質は人間の筋肉や血液、髪、爪などを作り出します。なので、タンパク質不足だと当然良い血液も作られなくなります。

また、鉄分不足も問題です。鉄分が足りていないと貧血になりますが、これは文字通り血液が足りていない状態です。これでは良い子宮内膜は作られませんよね。

妊娠によい食べ物は、前述の「妊娠と食事について」のカテゴリーをご覧下さいね。

また、タンパク質だけでは勿論ダメです。特に野菜などに含まれるビタミンは、血液の流れを良くするので外す事は出来ませんね。

着床率を上げる為には?記事一覧

「着床について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年5月9日 着床率を上げる為には?3 「食事」と「栄養」で血液をきれいに はコメントを受け付けていません。 着床について