着床率を上げる為には?4 身体を温め血液の循環を良くする

着床率を上げる=子宮内膜を良い状態にするには、身体を動かす、身体を温めるのも良い方法です。

前にも書かせて頂きましたが、血液の流れはとても重要です。ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの運動は、血行を良くします。その結果、血液の循環が良くなり、身体を温める事にも繋がるのです。

また、運動を取り入れることで、脂肪の除去も出来るので一石二鳥なのです。激しい運動は、有酸素を多く体内に取り入れてしまう為、身体が酸化しやすくなるという報告もありますが、適度な運動ならばむしろ体にはとても優しいのです。また、身体を動かすことは、ストレスの解消にもなります。運動をすることは、本当に良い事づくめなので、是非生活に取り入れてみて下さい!

また、身体を温めることも大切です。体が冷えると、血液の流れは悪くなります。運動で身体を温めることは可能ですが、四六時中運動している訳にもいきませんよね。

リラックスタイム等でじっとしている時、寝ている時など体を動かしていない時には、身体を「保温」しておくことをお勧めします。

やみくもに温めると、かえって受精卵に悪い影響があることがあるので、基本は「保温」です。腹巻を活用したり、寒い日はポカポカの靴下を履いたりすると、保温の効果はアップします。ただ、お腹にカイロを貼るのは止めて下さいね。受精卵は熱に弱いので、カイロを貼ってもあまり良いことはないのです。

着床率を上げる為には?記事一覧

「着床について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年5月9日 着床率を上げる為には?4 身体を温め血液の循環を良くする はコメントを受け付けていません。 着床について