着床率を上げる為には?8 体外受精の移植後はどう過ごせばいい?

体外受精の移植後は、「なるべく安静に」と言われる医療機関と、「いや、別に普段通りの生活でもいいよ」と言われる医療機関とがあり、患者としては一体どうすればいいのか困ってしまいますよね…

まぁ、一般的には、15~30分休んでもらってから帰宅するという医療機関が多いようです。

また、ある研究において、移植後に丸一日寝たままにした方たちと、20分で帰宅した方たちとの間で、妊娠率に差が出るのか?という研究をされた医師がいました。海外でですがね。結果はというと、両者とも、妊娠率は全く同じだったそうです。多くの研究結果が同様な結果を示しているようです。

つまり、移植後に1時間も2時間も寝ているというのは、科学的には意味のない事であると言えると思います。

病院でゆっくり休んだとしても、その日のうちに帰らないといけないのは同じな訳ですし…歩いて駅まで向かい、電車に揺られて帰宅する…あるいは車の運転をされる方もいらっしゃるかも知れません(安全という意味ではあまりお勧めは出来ませんが)。これでも結構動いていると思いませんか?

安全な着床という意味では、出来るだけ動かない方がいいのでしょう。しかし、そういう訳にもいかないのが普通です。移植の日や次の日にはゆっくりして、後は普段の生活をする…というのが、最大限で出来ることかなぁと私は思います。

着床率を上げる為には?記事一覧

「着床について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年5月12日 着床率を上げる為には?8 体外受精の移植後はどう過ごせばいい? はコメントを受け付けていません。 着床について