どの精子が卵子と受精出来るのかは運もある

体外受精について勉強をしている内に、顕微授精をすると、授精率は100%だと思っていたのが、実は違う事を知りびっくりしました。受精率は90%ぐらいだとのことです。

顕微授精は、採卵した卵子に、いちばん元気な精子を人の手で授精させます。なので絶対受精すると思うと思います。で、調べていく内に、培養士の失敗とかではなく、うまく分裂しない状態になることがあるようです。これが、顕微授精でも受精しない残りの10%という事になります。

卵子の質の問題もあるだろうし、精子の問題もあるでしょう。それに、いくら元気のいい精子を選んだからといって、それが果たして染色体異常を持っていない精子といえるでしょうか?

残念ながら、そんな事は誰にも分かりません。胚盤胞の染色体異常すら分からないのですから、これは仕方がないと言えば仕方がないのです。

でも、よくよく考えてみると、自然妊娠でも同じ事が言えます。

卵子と受精出来るのは、果たしていちばん優秀な精子なのでしょうか?排卵は左右どちらかからなされます。「今回は右から排卵!だから右の卵管に行けー!」なんて、精子たちが分かるわけないと思いませんか?(笑)

その時卵管まで入り込めたいちばん優秀な精子が、てんで違う場所に進んでしまう事は大いにあり得ます。

どの精子が卵子に入り込めるかなんてのは、運なのです。ただ、顕微授精においては、培養士はその中で、いちばん元気な精子を選んで受精させているのは間違いありません。

「受精について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月24日 どの精子が卵子と受精出来るのかは運もある はコメントを受け付けていません。 受精について