「大切な卵を育てる」という気持ちも大切

卵子が完全に成熟する為には、どれくらいの時間が必要なのかご存知でしょうか?よく「原始卵胞から卵子として排卵されるまでに90日ぐらいかかる」と言われていますよね。

しかし、最近はもっと短いスパンで考える医師もいらっしゃるようで、「約2か月かけて成熟する」という医師もいます。

どちらにせよ、卵子はすぐに成熟するわけではないのです。ゆっくりゆっくり時間をかけて、そしてたった1個の卵子は排卵されるわけです。そう考えると、いくら目に見えない卵子とはいえ、赤ちゃん待ちの私からすれば「大切に育てたいなぁ」なんて思うわけです。

では、「大切に卵子を育てる」ってどういう事なのでしょうか?最近の体外受精では、刺激による採卵法よりも、刺激は一切せず自然な形で採卵をする医療機関が増えています。その方が体にも負担がかからず、刺激よりもグレードの良い受精卵が出来ることだってあるのです。そのような採卵法では医師のアドバイスとして「規則正しい生活、きちんとした栄養、適度な運動をしてね」だそうなのです。

プラス私が大切にした方がいいかなと思う事は、「大切に卵を育てる」という気持ちです。勿論妊娠したいからなんですが、それ以前に、卵子は赤ちゃんの元になる細胞です。改めてそう考えると、何だか愛情が湧きませんか?

気持ちも大切ということです。

 

「卵子・精子について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月18日 「大切な卵を育てる」という気持ちも大切 はコメントを受け付けていません。 卵子・精子について