卵子の状態をキープする方法

卵子の状態をキープする事が大切であるとお話しさせて頂きましたが、ではどうすればキープしやすくなるのでしょうか?

まずは、「卵巣への血流量を増やしてあげる」ことです。

原始卵抱は、エストロゲンなどのホルモンによって、正常に発育、成熟するようになります。

そのエストロゲンなどのホルモンを供給する手段は「血液の流れ」です。また、発育や成熟に必要とされる様々な栄養素を供給するのも、血液の流れなのです。

したがって、卵巣への血流の流れが滞るということは、卵子の正常な発育や成熟を阻害しかねないということになります。

では、どうしたら、卵巣への血流量を増やすことが出来るのでしょうか?

それは「適度な運動」です。「妊娠と運動」のカテゴリーでも書かせて頂きましたが、運動をすると、体内な血流が良くなり、結果卵巣への血流の流れも良くなります。

ただ、運動なら何でもいいわけではありません。激しい運動は、体内の活性酸素を増やす原因になります。ですので、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどゆっくりした動きの、有酸素運動がお勧めです。

やはり、体を動かすことは大切なんですね。日頃は中々、意識しないと運動はしないものです。

是非時間をとって、積極的に運動したいですね。

引用元:http://akanbou.com/topics/topics/023.html

「卵子・精子について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月18日 卵子の状態をキープする方法 はコメントを受け付けていません。 卵子・精子について