妊娠が成立すると、HCGが分泌され始める

妊娠が成立すると、HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という糖たんぱく質が分泌され始めます。これは、黄体ホルモン補充や、排卵誘発として使用されるHCG注射と同じものです。

このHCGは、妊娠が成立した後から日が経つにつれ、急速に分泌量が増えていきます。

妊娠検査薬はこのHCGを感知して、妊娠しているかどうか検査をするのです。なので、HCG注射をしていると、しばらくの間、妊娠検査薬に反応してしまうのはこの為です。

HCGの分泌量の基準は、実は病院などによってまちまちなんです。しかし、大きくは変わらないようです。

後は、妊娠検査薬では尿中のHCGの量を調べますが、体外受精の妊娠判定などでは、血中のHCGの量を調べます。血中のHCGの量は、尿中のHCGの量よりも数倍高いと言われています。また、尿は食べたものや水分の量、排尿の間隔などによって尿中のHCGの量は変化します。それに比べて、血中のHCGの量はそんなに値が変わることはありません。ですので、不確定な尿検査よりも、血中のHCGの量が重視されるのです。

まあとにかく、妊娠が成立するとHCGが分泌されるのは誰だって同じですから、生理予定日から1週間も経てば、妊娠が成立している場合、確実に検査薬に反応してきます。

「妊娠の成立」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月26日 妊娠が成立すると、HCGが分泌され始める はコメントを受け付けていません。 妊娠の成立