HCGの分泌量(目安)

妊娠が成立するとHCGが分泌され始めます。このHCGの分泌量は、初期の段階では個人差があり、例えば妊娠検査薬で、高温期9日目ぐらいからうっすら反応する方もいらっしゃいますし、生理予定日頃にやっとうっすら反応する方もいらっしゃいます。また、血中のHCGの量も初期は個人差があります。分泌量が多ければ安心ですが、少ないとやっぱり不安になりますよね。しかし、初期で少なくてもその後急激に増えることもあるそうなので、そこまで心配される必要はないかなと思います。

また、HCGは、骨盤内のどこかに受精卵が着床すれば分泌され始めますので、卵管内や卵巣などに着床してしまう「子宮外妊娠」の場合でもしっかり分泌されるのです。当然、妊娠検査薬にも反応します。

さて、血中HCGの量の目安ですが、これはあくまでも目安なので、体外受精などの妊娠判定には病院の目安に従われて下さいね。

まず単位はmlU/mlと表します。

妊娠2週目(だいたい排卵の時期)このころは妊娠は成立していません→0.2mlU/ml

妊娠3週目(だいたい着床の時期)→20~50mlU/ml

妊娠4週目(だいたい生理予定日の時期)→200mlU/ml

妊娠5週目→1000mlU/ml

です。後で書かせて頂きますが、妊娠検査薬で反応し始める量は、50mlU/mlです。フライング検査をされる時期は、妊娠3週目の時期なので、上記のように分泌量に差があります。ですので、検査薬に反応しなくても、とりあえずは生理予定日まで待たれた方がまだ確実かなと思います。

「妊娠の成立」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月31日 HCGの分泌量(目安) はコメントを受け付けていません。 妊娠の成立