不妊治療の段階ごとにタイミングの種類は変わる

妊娠する為には、夫婦のタイミングが重要です。さらに、不妊治療をしている方は、医師のタイミング指導が重視になってきます。体外受精でも移植のタイミングがありますしね。妊娠は全て「タイミング」と言っても過言ではないと思います。

まだ不妊治療の病院に行ったことがなくて、自分たちでタイミングを取られているご夫婦は、まず基礎体温を測られると思います。基礎体温は、女性の体の健康のバロメーターにもなりうるからです。

またある方は、基礎体温と排卵検査薬を併用されるでしょう。基礎体温だけだとはっきり言って、排卵日はどの辺りなのかすらも分からないのです。排卵検査薬を使用することによって、排卵日が近づいているのかが分かるようになります。また、基礎体温と排卵検査薬を併用することによって、大体いつごろに排卵がなされているかがある程度分かるようになってきます。

また、不妊治療をお休みされているご夫婦で、タイミングを取られる時も、基礎体温と排卵検査薬を併用されるかと思います。自分たちで取るタイミングは、この方法が最善でしょう。お金も排卵検査薬の出費だけで済みますしね。

不妊治療は、段階ごとにタイミングの種類も取り方も大きく違ってくるのです。

 

「妊娠する為のタイミング」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月31日 不妊治療の段階ごとにタイミングの種類は変わる はコメントを受け付けていません。 妊娠する為のタイミング