○○を食べると妊娠しにくくなるは嘘!?

「〇〇を食べたら妊娠しにくくなる」という方がいらっしゃいますが、これも基本的に摂りすぎなければ問題はありません。

代表的なものにコーヒー、紅茶などのカフェィンがあります。これらは確かに摂りすぎると体にはあまりよくありません。コーヒーは特に体を冷やすと言われています。しかし、だからと言って「絶対飲んじゃだめ!」というものでもないんです。コーヒー等の嗜好品は中々きっぱり止められませんよね。それに、そこまで頑張って止める必要があるのか…と言われれば?です。

ですから、1日1~2杯程度なら全く問題はないと思います。実はこれは、妊娠中にも言える事です。授乳中は何だか気がひけますが…それよりも、「止めなきゃ!」というストレスの方が何だかダメな様な気がします。

後は、卵を食べ過ぎるとあまりよくないとか、牛乳を飲むと妊娠しにくくなると書いてある本があります。うーん、そこまで神経質にならなくてもいいのになぁと感じます。

食べたら妊娠しにくくなるなんて言われたら、どうしてもその食材をを敬遠しがちになります。

でも、卵は非常に優秀な食材です。ビタミンやたんぱく質、鉄も含んでいます。また、牛乳もカルシウムが多くて脂質も程よく摂れます。

一概に否定するのはちょっとなぁ…と思います。

 

 

「妊娠と食事の関係」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月2日 ○○を食べると妊娠しにくくなるは嘘!? はコメントを受け付けていません。 妊娠と食事の関係