間食の選び方と甘い物の食べ方

間食にも血糖値急上昇の危険がたくさんあります。

前にも書かせて頂いた通り、スイーツは甘いので血糖値が急上昇します。これに、甘いコーヒーや紅茶、ジュースを飲もうものなら…(←ほんのちょっと前の私)

間食は、アーモンドやナッツ、プレーンヨーグルトやするめ、煮干し等タンパク質がいいです。特に豆類はビタミンEも多いですから、高温期に向いている食べ物と言われていますしね。プレーンヨーグルトや煮干しも、タンパク質の他にカルシウムも豊富に含まれていますので、優秀な食べ物です。

果物には思っている以上に糖分が多い

意外と注意したいのが果物です。果物は思っているより糖分が多いんですよ。みかんやいちご、桃、ぶどう等旬の果物は美味しいのでついついたくさん食べてしまいがちですよね。果物は間食として食べると血糖値が上がるので、食事の後のビタミン補給として食べるのがベターだそうです。食後ならお腹もいっぱいになっているので、血糖値もそれ程上がらないのです。

でも…やっぱり甘いものは食べたいですよね!食べれないなんて私はムリです(笑)
こちらも、食後のデザートとして少量食べるのならOKだそうです。おやつとしてたくさん食べるのは避けた方が無難です。

コンビニでおやつを買う時も同様で、スイーツコーナーにまっしぐらではなく、出来るだけ唐揚げやお酒のつまみコーナーに行く様にしましょうね☆

「妊娠と食事の関係」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月3日 間食の選び方と甘い物の食べ方 はコメントを受け付けていません。 妊娠と食事の関係