食べ物は薬にもなるし毒にもなる

この「妊娠と食事の関係」のカテゴリではこれまで妊娠と食事にまつわるお話をたくさん書かせて頂きました。

昔の人のお話を聞かせて頂く機会があるとよく「戦争の後は食べ物がほんとになかったんだよ」「子どもが多すぎて自分が食べる余裕なんてなかった」と耳にします。これはもう故人である、私の大好きだった祖母がよく言っていた言葉です。

私の祖母は戦後に9人の子どもを産み、しかも5人目を産んだ辺りで会社が潰れて、その日食べるのにも困っていたそうです。子どもに食べさせる為に自分は食べれなくて、乳飲み子がいたのに母乳が出なくて、その子はヤギのお乳で育ったそうです。これは私の叔父なんですがね。そして風邪をひいてもお金がない為薬も買えなかったので、風邪をひくと、近所の人に咳にいい食べ物や、熱を下げる効果のある食べ物を分けてもらっていたそうです。

そんな話を聞くと、今の何と恵まれている事か!逆に食べ物があり過ぎて困ってしまうぐらいですよね。産地にこだわり、栄養にこだわる事が出来る時代です。

ここは決まり文句ですが、この時代に生まれた事を感謝しないといけないですよね。そして感謝しつつ、この時代を謳歌出来る部分は謳歌させて頂くべきだと思います。

そのひとつは「食」です。私の祖母の話ではないですが、「食べ物は薬にもなる」んです。逆に言えば、今の時代は「食べ物は毒」にもなり得ます。極端ですがね。

不妊症で悩む私達にも同じ事が言えます。ですから、栄養素をバランスよく、必要な栄養は重点的に、感謝しながら食べる様にしましょう。食は薬にもなるという事は、続ければ割と早い段階で効果がでてくると思います。

日々、自分たちの口に入る大切なものです。是非よい食べ物、よい栄養素を摂っていきましょうね!

「妊娠と食事の関係」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月4日 食べ物は薬にもなるし毒にもなる はコメントを受け付けていません。 妊娠と食事の関係