妊活サプリメントの飲み過ぎは逆効果!?副作用が起こる?

妊活サプリ 副作用

妊活に必要な栄養がたくさん含まれている妊活サプリですが、大量に飲めば赤ちゃんがやってくるわけではありません。

それよりも過剰摂取した分だけ、自分の体に副作用が起こってしまいます。パッケージやラベルに書いてあるとおりの1日目安量をしっかり守って飲み続けていると、ある日突然赤ちゃんがやってきますから、それまでじれったいと思いつつも1日目安量を飲み続ける必要があります。

では過剰摂取した場合、副作用とはどんなものがあるのでしょうか?

妊活サプリメントを飲み過ぎることで起こる副作用とは?

妊活サプリメントの目安量を守らずに飲み過ぎると、副作用としてむくみや不眠症、吐き気などが起こります。

その他にも、じんましんや赤い斑点ができるなどという体に現れるケースもありますから、その場合は水分をたっぷりとって安静にして過ごしましょう。

特に摂りすぎるのが葉酸で、葉酸は妊娠に良いからとかなり多めに飲んでしまう妊婦も多いのです。しかし葉酸の上限は400μgとなっていますから、それ以上摂取する必要はありません。妊活サプリの中にはすでに葉酸が400μg入っているものが殆どです。

>葉酸サプリを摂取して子供の先天性異常を避けよう

妊活サプリを飲んでも食事を疎かにしてはいけない

妊活サプリのデメリットは栄養価が高いために、「これだけ飲んでいると食事はいい加減でも大丈夫だろう」と思ってしまうところでもあります。

マルチビタミンと葉酸さえとっていれば、あとは必要ないから好きなものだけ食べて、ダイエットもかねて朝食を抜いて・・・などしていると、胎児の発育に問題が出てきます。

サプリメントをきちんと正しい飲み方をすることで、胎児は元気に発育し母体も安定します。サプリを飲んだ分だけ手抜き料理を食べるというのはあってはならないことです。

ですから妊活サプリの最も大きな副作用とは食事がおろそかになることではないでしょうか?たくさん飲んだから栄養は足りているはず、と思っている人もいるかもしれません。

サプリで栄養を摂るのはリスキー

しかし食事で栄養を摂るのとサプリメントで栄養を摂るのでは吸収率なども違ってきますし、食事という人間の本来の行動をなくしてしまうのはリスキーです。

バランスの良い食事を心がけ、毎食3食きっちり食べること。朝を抜いていた人も、妊婦になったら朝はしっかり食べるようにしましょう。1日のスタートにエネルギー不足だと胎児も弱ってしまいます。

「妊娠に良い食べ物と妊活サプリメント」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓