【不妊治療体験】一喜一憂せず希望を持つことが大切!楽しむことも忘れず

30代女性、飲食店パート勤務をしています。妊娠するまでの期間は1年間です。

結婚してからは夫婦の時間を大切にしたいと思い、半年は子作りをしていませんでした。その時すでに30代だったので女性の私は焦りがありましたが、すぐにできるだろうと言う思いの方が強かったです。

いよいよ子作り開始となりましたがなかなかできず、3ヶ月目ころからは自分に何か問題があるのかもと思うようになりました。

ブライダル検査などもおこなっていなかったので、一度検査してもらったほうがいいかもとおもうようになりました。

しかし実際に病院に通うようになったのはそれから1年後のことになります。

やはり婦人科にいくことに抵抗がありました。周囲に病院に通っている友人もいなかったので、ネットでの知識しかありませんでした。

まずは一度検査だけしてもらい、不妊治療はそれから考えようと思い病院にいくことにしました。

婦人科の病院で葉酸の摂取や体質改善のアドバイスを受けるが妊娠に至らず

最初に通った病院は通常の婦人科だったので、卵巣や風疹の検査などをおこないました。

葉酸を摂取することを勧められたり、体質改善のアドバイスをしてもらいました。

しかしそれらを実践しても妊娠に至らず、いよいよ不妊治療を始めたほうが良いのではないかと思うようになりました。

日に日に歳をとる為、卵子の老化を恐れていたのも不妊治療をおこなったほうがいいかと思った理由のひとつです。

婦人科から不妊治療の病院に変更。3回目の人工授精で陽性反応が!

ネットで不妊治療病院を調べてみると、自宅から徒歩で通える範囲にあったので勇気をだして通うことに決めました。

もし遠い病院しか見つからなかったら、通う決心はつかなかったかもしれません。

初めて病院に通った時はとても緊張していました。未知の世界だったので、どんな検査が進められていくのか分からずとても不安でした。

一番最初に通った日に、検査を勧めていく中で体外受精までする気持ちがあるかということを看護婦の方に聞かれ戸惑いました。

私自身そこまでする気持ちはまだなくて考えられなかったからです。このまま通っていいのか迷いましたが、一歩進んでみてその度に色々決めていこうと思いました。

2回ほどタイミング法を行い、その次に人工授精を行いました。

不妊治療は保険がきかないので、ステップアップする度に治療費も高額になっていきお金の面でも不安はありました。

病院に通う頻度も増えて、仕事をしながらの通院は難しいものがありました。

人工授精を3回目で遂に陽性反応をみることができました。

なかなか妊娠することができず、そろそろ次の体外受精にステップアップしないといけないかなと考えていたのでとても嬉しかったです。

大きくなっていくお腹を見ていると幸せな気持ちに

自分のお腹の中に命が宿っていることは、信じられない気持ちとものすごく嬉しい気持ちが混ざり合っていました。

とにかくお腹の命を大切にする事だけを心がけようと思いました。

つわりの時期になると辛すぎて弱音を吐いてしまう時もありましたが、不妊治療をしていた時の気持ちを思い出し乗り越えるようにしました。

どんどん大きくなっていくお腹を見ていると幸せな気持ちになり、自分自身も母親になっていくことを実感していました。

予定日より1週間過ぎて陣痛がきて私は出産しました。

初めて我が子を見た時は涙が自然と流れ、母親になったんだという気持ちと責任感が生まれました。

不妊治療は一喜一憂せずゴールを見て希望を持つことが大切!治療以外のことや楽しむことも忘れずに

不妊治療に通うと、すぐに妊娠できる人もいれば長く時間がかかる人もいます。

焦りを感じたり悲しみに襲われたりすることが度々あるかもしれませんが、一喜一憂せず希望をもっていくことが大切だと思います。

不妊治療に通うとそのことだけを考えてしまいがちですが、自分の楽しめる事を忘れずに生活してほしいです。

「人工授精をした体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2018年2月28日 【不妊治療体験】一喜一憂せず希望を持つことが大切!楽しむことも忘れず はコメントを受け付けていません。 人工授精をした体験談