【体外受精体験談】病院選びで失敗し1年無駄に!2度目の体外受精で妊娠

1年間の自己流タイミング法、その後1年間病院での不妊治療、病院を変えて、そもそも無駄な治療をしていた可能性がわかり、新しい病院では2度目の体外受精で妊娠できたという方の体験談です。

病院選びは大切ですね。最初の病院は医師や看護師の態度など、そもそも通うのにストレスのあるところだったそうです。

また、不妊治療は長期にわたる可能性もあるので、理解ある職場なのかどうかや勤務時間や雇用形態など、本格的に治療に望むときは働き方のデザインから考える必要があるかもしれませんね。

妊活を始めて1年、タイミング法も効果なし、ちょっと病院で見てもらおうかな

32歳女性。現在パート従業員。妊活期間2年半。24歳で結婚し、27歳のとき、正社員で働いていた会社を退職し、避妊を解禁して妊活を開始しました。

最初の数ヶ月は「近いうちに自然妊娠できるだろう」という楽観的な気持ちで過ごしていましたが、半年くらいしてもできないので、独学でタイミング法のみの妊活を始めました。

薬局で排卵検査薬を購入し、反応が出た日〜翌日に夫婦生活をもつ、ということをさらに半年くらい続けてみました。しかし妊娠には至りませんでした。

昔人工中絶したから妊娠できにくくなってしまったのか?

18歳のときに妊娠した赤ちゃんを、人工中絶してしまったことが頭をよぎりました。

昔、人工中絶をすると妊娠できにくくなるという噂をよく耳にしていたので、そのときに産まなかった後悔と、中絶をしてしまった罪への罰なのではないかと思ってしまいました。

もともと、20歳の頃から自分に軽い子宮内膜症があったことや、夫が当時39、40歳という若い歳でもなかったことなどが関係してるのではないかと考え、一度病院にかかってみたほうがいいかもしれないと思い、不妊治療が開始しました。

お金がかかる不妊治療、夫がどれくらいまで頑張ってくれるのか?

不妊治療にはお金がかかることは知っていましたので、夫がどれくらいまで頑張ってくれるのかが心配でした。

もともと夫の考えとしては、自然妊娠でできなければ諦めて夫婦二人で生きていこうという気持ちだったようなので、不妊治療に対して夫婦の足並みがあまり揃っていないなと感じていました。

しかし私は、夫には申し訳ないですが、夫婦二人で生きていくつもりは最初からなく、子供を育てることを夢見て結婚したので、ここで逆に「治療をしない」という選択肢はなく、私の意思を押し通す感じで病院に通い始めました。

病院選びで失敗・・・1年が無駄に・・・

最初はまず病院選びが大変でした。当時正社員を辞めたあとは派遣やパートをしていたので、勤務しながら通える場所だったり、治療費の比較や、病院の評価やインターネットの口コミなどを調べて、その時ベストだと思った病院に行きました。

最初は卵管造影という検査をして、ものすごい痛みで吐き気がでるほど辛かったです。

他の血液検査などでも特に問題がなかったし、夫の検査も少し精子の運動量が足りないということでしたが、一般的な治療の流れでタイミング法を数ヶ月し、その後人工授精を5回くらいおこないました。

それでも妊娠できなく、また先生や看護師、受付の態度など気に入っていなかったこともあり、病院を変えました。

最初と同じような検査をした結果、私は「同年代より卵子の数が少なく早めに妊娠したほうがいい」夫は「精子の運動量からすると人工授精でも難しい」と言われ、以前の病院に通った一年が無駄だったと感じました。

すぐに体外受精に切り替え、二度目の体外受精で妊娠できた!

新しい病院では、すぐに体外受精に切り替えて、卵子を取り出す治療が死ぬほど痛かったことも乗り越え、二度目の体外受精で妊娠することができました。

それまで、毎月毎月期待と絶望の繰り返しで、知人の妊娠・出産の知らせも全然喜んであげることができなかったですし、身を心もボロボロの状態で、もう日本を飛び出したいくらいに思っていた状態でしたので、無事着床してくれて妊娠反応が出たときは、喜びや今後の希望があふれると同時に、なんとも言えない開放感でいっぱいでした。

やっとドン底が終わる!という気持ちでした。

妊婦の期間は悪阻がひどく点滴なども受けるほどで、不妊治療の疲れが癒えぬまま出産を迎えました。

出てきた赤ちゃんをみたとき、胸に抱いたとき、とても愛おしく思いました。

でも、落ち着いた頃から普通の人と違う気持ちも芽生えました。「運命に逆らい、人工的に、親の勝手な治療で産まれてきた子を、絶対に幸せにしなきゃいけない」という必要以上の不安感が、今でも心にあります。

不妊治療だけで頭がいっぱいにならないように

病院との相性が悪いと思ったら早めに変えること。ストレスの少ない病院に通うことがまずは大事だと思います。

女性は年齢的にタイムリミットがあるので、金銭的にやれそうであれば、思い切って体外受精にステップアップしてしまったほうが、長い治療によるストレスや体力低下が少ないかもしれません。

正社員やフルタイム勤務をしながらの治療はとても負担なので、働き方を考え直したり、職場の人に理解を求めるなどが必要だと思います。

不妊治療だけで頭がいっぱいにならないように過ごし、焦らず長い目でみて治療にのぞんでほしいです。

「体外受精をした体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2018年2月24日 【体外受精体験談】病院選びで失敗し1年無駄に!2度目の体外受精で妊娠 はコメントを受け付けていません。 体外受精をした体験談