タイミング法を男性が嫌がるときはどうしたらいい?

タイミング法をしていると「この日にタイミングもってね」との指導なので、どうしても義務的な仲良しになってしまいがちですよね。

男性はそういうところ、女性以上にデリケートなところがあります。

「今日排卵日だから」と伝えるだけでもプレッシャーになる男性もいるし、気分が乗らなくなってしまう男性もいます。女性は妊娠欲があるので、結構ドライな部分もありますが。

最終的には「俺はマシーンじゃない!」と言う男性もいらっしゃいます。

確かにそうなんですが、女性からしてみれば、月に1度のチャンス。絶対に逃したくはないですよね。でもそれをパートナーに感づかれると引かれてしまう…

「じゃあどうすればいいの!?」って感じですよね。

男性に協力してもらうための工夫

私は普通に「今月は〇〇が排卵日だと思うよ。よろしく!」みたいに軽く伝えてます。主人も異論はない様です。最近は「まだ排卵日じゃないの?」と自分から聞いてきます(笑)まあこれは度重なる検査で、ある意味主人も慣れたからだと思いますが…

でも嫌がる男性にはメールで伝えるとか、タイミングの日に向けて気持ちやスケジュールを整えられるように早めに伝える、さり気なく「後何日ぐらいでそろそろな日かも!」等工夫が必要です。

根本にあるのは相手への思いやりだと思います。「自分が、自分が」と自分のことばかり考えていると、伝え方もそれなりの伝え方にしかなりません。「疲れているのにごめんね、ありがとう」と言いながら、旦那様の好きなメニューにするとか「いつも協力してくれてありがとうね」と一言添えるだけでも全然違ってくると思います。

不妊治療は女性の方が負担が大きいです。旦那様にはもっともっと分かって欲しい、でも中々わかってくれない…

そういう時は今一度、相手をきちんと思いやっているか見直してみるといいと思います。

優しくしてもらいたいなら、自分から優しくしてみて下さい!

偉そうに言っていますが、これは不妊治療について主人と散々喧嘩してやっと出せた答えなんです(笑)

忙しくてタイミングを合わせられないときはシリンジ法

また、忙しい男性はスケジュールなどの都合でどうしてもダメなときもあるかもしれません。そんなときはシリンジ法などを使うというのも一つの手です。人工授精となると費用も高いし病院に行く大変さもあり、男性の精神的にもハードルが高いですが、シリンジ法なら自宅でできるし費用も安く済みます。

初めてのときはちょっと精神的なハードルが高いですが、1回でも多くちゃんとタイミングを取れるというのは大事なことですからね。

「タイミング法について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年2月18日 タイミング法を男性が嫌がるときはどうしたらいい? はコメントを受け付けていません。 タイミング法について