まずは「生理が来ない」こと

妊娠が成立した時に一番大切な症状というか、体への顕著な現れ方は「生理が来ないこと」です。

いつも周期がほぼ乱れることなく生理が来ている方は、生理が少しでも遅れると期待してしまいますよね。私の通っていた不妊治療の病院でも、「生理予定日より5日過ぎても生理がこないようなら、妊娠検査薬を使用してみて下さい」と言われていました。まあ、遅れた事はなかったんですがね(*´Д`)

体に現れる症状も大切なんですが、一番決定的なのはやはり、生理がこないことだと思います。生理がきたらもう妊娠はしていないということですからね。昔の人は、生理が遅れていて体調の変化を感じ、そこではじめて、自分が妊娠していると気づいたそうです。今みたいに、検査薬なんてありませんからね。

生理は、ホルモンバランスが崩れると簡単に遅れてしまいます。排卵が遅れると生理も当然遅れますし、黄体機能が終わって黄体が消滅したあとでも、ホルモンバランスの関係で生理が中々こない状態になったりもします。遅れにくい人でも、1週間ぐらい遅れる場合もあるそうです。しかし、赤ちゃん待ちの方で、生理が1週間以上遅れて、何だか体がだるく感じられたり、熱っぽかったり、やけに眠いなどのいつもと違う症状が出たら、期待していいのかも知れません。

「妊娠の成立」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月26日 まずは「生理が来ない」こと はコメントを受け付けていません。 妊娠の成立 新着