不妊の原因が分からない「原因不明」

不妊症の約3割が「原因不明」と言われています。

3割って結構多いですよね。

原因が分からないというよりは、血液検査やホルモン検査等で分からない事だと思います。

例えば最近よく言われる「ピックアップ障害」。排卵した卵子を、采卵管という器官が取り込み卵管へ送り届けるのですが、この采卵管の働きが上手く機能しないと卵子が取り込まれない為、精子と出会えなくなり不妊の原因になります。

また、卵子の外側の組織が生まれつき固く、精子の力ではどうする事も出来ない「受精障害」。

その他にも、主に体外受精の方が対象になるようですが、何らかの理由で着床が上手くいかない「着床障害」。

今出てくるものといえばこれだけなんですが…きっと他にもあるんでしょう。

いずれも血液検査や子宮卵管造影では分からず、未知の領域なのかも知れません。

ただ、ピックアップ障害は腹腔鏡手術によって解決する事があると聞きます。采卵管の周りに癒着があったりする場合ですね。癒着を切る事により、機能が回復する可能性があるとの事ですが、必ずしもそうではないみたいです。

上記の様な病態は、体外受精をする事によって初めて判明します。

特に受精障害は卵子に精子を振りかけても受精しないので、分かるみたいですね。

 

「不妊症の原因」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年2月15日 不妊の原因が分からない「原因不明」 はコメントを受け付けていません。 不妊症の原因 新着