不妊の定義は曖昧!?

ここで不妊の定義について考えてみたいと思います。

一般的に「健康な夫婦が普通の夫婦生活を行っているが、妊娠しない状態」が不妊と言われています。

私は不妊を意識する様になってこの定義を知った時に、「意外と長く設定されているんだな」と思いました。

30代半ばの私は、2年なんて待っていられないのです(笑)
不妊期間1年ちょっとですが、私の中では立派な不妊症なのです。不妊期間半年で、病院デビューしましたしね。

勿論、2年って意外と短いんだなと感じられた方もいらっしゃると思います。それはそれで正解だと思うのです。実際、3~4年経っても妊娠せずそこで初めて不妊症だと思い病院に行った知人もいますし。

だから不妊の定義なんて、あってない様なものだと思います。

定義の裏には「健康な夫婦が夫婦生活をし、1年後にはその80%が妊娠する、更に2年後には残りの10%が妊娠する、後の10%は不妊」という統計があると思いますが、その統計もいつの統計なのか、また何歳の夫婦対象なのかももう分からなくなってしまっていると思います。

実際に不妊治療病院では、実にたくさんの患者さんがいます。待ち時間が1時間なんて当たり前です。世の中の夫婦の数なんて分かりませんが、とても10%の患者さんの数ではありません。

自分が「もしかしたら不妊なのかも知れない」と思った時が不妊なのかも知れませんね。

参考文献:「妊娠カウンセリング」

「新着」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年2月13日 不妊の定義は曖昧!? はコメントを受け付けていません。 新着