厄介な卵管障害

不妊の原因の一つに卵管の問題があります。

女性の不妊の原因の約3~5割を占めていると言われている様です。

私の友達にも、卵管の片側が完全に詰まっているとか、通りが悪いとか言われている方がいます。

どうして詰まっちゃうの?って事なんですが、やはり過去にクラミジアを患っていた方が多いですね。

クラミジアって感染しても自覚症状がほとんどないので分かりにくいんですよ。それでいて、炎症が膣から子宮、卵管にも広がりやすいので厄介なのです。

抗菌剤を服用して治療するのですが、ダメージが残ることがあってそれが不妊の原因となるんです。

他にも、子宮内膜症によって内膜組織が卵管に増殖してしまい卵管が詰まってしまう事があります。これも大きな原因です。

卵管は妊娠において、非常に重要な場所です。

精子や卵子が通る「道」でもあり、受精卵を運ぶ「道」でもあります。また、受精卵が分割する場所でもあるので、受精卵を育てる役目もあるのだそうです。

そう考えると本当に大切な場所なんですね。

ただ、たとえ片側の卵管が詰まってしまっていても、妊娠は勿論可能です。

私の友達は、子宮外妊娠によって右の卵管を切除しました。不妊治療をしていて、右の卵巣に主席卵胞がありました。医師から「一応タイミング取ってみて」と言われ取りましたが、何とその周期に妊娠が判明したのです。

左側の采卵管(排卵した卵子をキャッチする器官)がグーンと伸びてキャッチしたのでしょうね。

まさに神秘です。

 

「不妊症の原因」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓