体外受精:アンタゴニスト法

アンタゴニスト法は、登場したばかりの新しい方法です。最近はこの方法をする病院も増えたみたいです。

ロング法ショート法では、排卵抑制を早目にしますが、アンタゴニスト法は卵胞が排卵する可能性のある大きさになったのを確認してから排卵抑制(GnRH剤)を投与します。卵胞刺激はショート法やロング法と同じでFSHやFMGでするのが多い為、排卵抑制する前に排卵してしまう可能性があります。

なので、頻繁に卵胞チェックをする必要があるみたいです。医師の手のかかる方法と言えるでしょう。

アンタゴニスト法のメリット

アンタゴニスト法のメリットは、やはり排卵抑制によるフレアーアップ現象がない事だと思います。排卵誘発と排卵抑制を別の時期にしますからね。ロング法やショート法に比べて負担が少ないと言えますよね。卵巣が腫れたり、お腹に水が溜まってしまう事がある、卵巣過剰刺激症候群になる心配も殆どない様です。

アンタゴニスト法のデメリット

デメリットは注射を毎日しないといけない、ロング法やショート法で使う排卵抑制剤よりも高額になる、エストロゲンが低下する恐れがある等があります。

実際、アンタゴニスト法はお値段が少し上がるみたいです。

しかし、卵巣過剰刺激症候群になりやすい人や、割と卵胞が育ちやすい方には適している方法だそうです。

アンタゴニスト法はまだまだ発展する可能性があるそうです。

「体外受精について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓